×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッチセールスの体験談

絵画を見に来ませんか?

秋葉原の駅前でお姉さんに絵葉書をもらった。
「いま絵画の展覧会やってるんですよ、見ていきましょうよ」
と、強引に展覧会場へ連れて行かれました。
ブラブラとイルカの絵を見ていると、先ほどのお姉ちゃんとは違う中年の女性が話しかけてきました。
「こんにちは、学生さんですか?」
「はい。」
「ごゆっくり。」

サーっとおばちゃんは行ってしまいました。「?」と思いましたが、他に話しかけてくる人もいないし、絵も一通り見たので展覧会場を後にすることに。
しばらく歩いているとまた絵葉書をもらったのです。しかもさっきの会場から500メートルほどしか離れていません
またまた、強引に中に連れて行かれてしまいました。

中を見てみると、さっきの会場と飾ってある絵が全く一緒。イルカばっか。
イルカ会場かここは。と思っていると、また女性が話しかけてきますた。
「こんにちは、何か気に入った絵はありましたか?」
「ん〜絵は良くわからないですねえ。」
「そうなんですか?けっこう芸術とかすきそうな感じに見えますけど、学生さんですか?」

また「学生さんですか?」だ。さっきは正直に答えたから何も起こらなかったので
今度は少し、ウソをついて「社会人です。」と答えてみました。

「そうなんですかあ!どうですか?こっちとこっちの絵だったらどっちがいいですか?」
「え、どっちかと言えばこっちかな。」
「お目が高い!この絵はすごい人気があるんですよ!売り切れそうなんで手に入れるなら今ですよ!」

やはりというか何と言うか、こちらが会社員だとわかると営業トークに切り替えてきましたね。
しかも、その絵はさっきも見たっつーの。

その後、僕は奥の部屋へ案内されました。 高い壁と絵で細かく仕切られたその部屋は、どうやら「契約部屋」のようです。
僕が席に着くと、さっきのお姉さんではなく男の人が入ってきました。。
雰囲気からさっするに、そうとうのヤリ手のようです。男は僕を挟むように座ります、もう逃げられないお。
「いい絵でしょう?どうですか、今なら手に入りますよ。」
挨拶も無く、いきなりはじまた男の営業トークは2時間近くに及びました。なげーよクソ。
そして二時間経ったあたりから、彼の態度が急変しました。

「なあ、どうすんのこれ?」
いきなり横柄な態度になり、こちらを見下すように喋ってます。
「こんだけ説明させて買わないつもり?誠意見せろよ
誠意とは聞いて飽きれる、無理やり引っ張り込んでおいてその言い草はなんやねん。
「会社に損害だしといてどう責任とるかって聞いてんだよ」
損害!?損害なんかいつ出したんだ、絵が売れなきゃ売り上げにならないが「損害」にはなりません。

もうガマンできない…っ!ビクンビクン
「損害ってなんだあぁ!?てめえらが勝手に引っ張り込んだんだろうが!!」
いきなり切れだした僕に、一瞬ひるむ男。しかし、すぐに言い返す。
「お前が買うって言うから今まで説明してたんだろうが!そんなこともわかんねえのか!」
「いつ言ったんだそんなこと!頭腐ってんのか!!?」
「この絵がいいって言ったろうが!!」

言った、確かに言った。二つの絵を比べたら「どちらかと言えばこっちがいい」とは言った。だが「買う」とは言ってない。
しかし、悪徳業者にとってそれは「この絵がいい」=「買う」という超強引解釈なのだ。
「言ってねえよ!もう帰る!!」
「もう契約書は作ったんだ!サインしろ」
「特商法違反だぞ」
「うっ!」

固まる男。
「わかったらどけ!」
「……」
「どけよ!!」
「………」
「どいてくだちゃい♪」
「ブハっw」

ふん、未熟者め。この「ブチ切れバーブー」をくらって笑わなかった業者はいない。
また俺の勝ちだ。
颯爽と契約部屋を後にする俺。隣の部屋では気弱そうな兄ちゃんがローンを組まされそうになっていた。
あーあ。

対策

基本的にクーリングオフというのは、店に自分から行って結んだ契約には効かないことがあります。
今回のようなケースは微妙なラインです。ですので、「もう帰りたいから契約しちゃって後でクーリングオフしよう」とかは認められないかもしれません。
予防策としては、まずそのような場所には立ち入らないこと。「君子危うきに近寄らず」です。
入ってしまった場合は「学生です」「フリーターです」等支払い能力がないフリをするのも有効です。

例:「自宅をセコムしてます。」

キャッチセールス体験談に戻る