×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッチセールスの体験談

ハーイ!アナタ日本人デスカ?

ハワイで声をかけられた!!

ハワイに旅行にいったんですよ。
もうハワイも3回目ですからワイキキの辺りなんかは慣れたもんです。
昼飯でも食うか〜とブラブラ海沿いの道を歩きながら

「何で50m感覚でABCマートが乱立してんだ。どんだけマカダミアナッツ売りたいんだよ。

とかハワイの町並みに文句をつけていたところ、
急に横から「お花をどうぞ〜」とアロハなオッサンに声をかけられました。

シカトして通り過ぎようとすると腕をつかまれ「大丈夫、タダよ。心配しない〜」
と無理やり花を渡されました。

…造花かい。せめて本物をよこせよ。

「英語わかりますか?」

「全然わかりません!」

本当はしゃべれますが、わかんないフリしときました。

「ところでお兄さん、キムタクにそっくりね〜
キムタク











…知っていた



…わかっていた。
…知っていたさ。

正直言うと自分がかなりイケメンであることは気づいていた…。




達していたとは…


…だがすでに、キムタクにまで達していたとは…。






「お兄さん本当カッコイイね〜。トム・クルーズそっくりよ。




ってさっそくキムタクじゃなくなってる件。
僕はタクヤなのかトムなのか。

誰がトム・クルーズやねん。
トム・クルーズじゃなくて
ジャングル・クルーズの猿か何かと間違えてるんちゃうんか。

しかし!すでにオッサンは僕のことをトムと呼んでいる。
あげくの果てに「トムは日本人ですか?」とか聞いてくる始末。

デキの悪い教科書みたいだ。

よっぽど「いいえ、それはイスです。」とか答えてやろうかと思ったが
「日本人ですよ」とニコヤカに答えておいた。

するとオッサンは手に持っていたファイルをめくり、英語のページを見せた。
英語を読むと「恵まれないハワイの子供に寄付を」と書いてあった。
オッサンは英語がしゃべれない設定の僕らに書いてあるとおりの説明をしてくれた。

なーるほど、そういうことか。
花を無理やりつかませて、募金をねだる。
そしてこの募金はきっと本当に恵まれない子供たちのもとへ行くことはなく、きっとオッサンの懐に入るんだろう。
だって詐欺なんだから。

アメリカの法律は知りませんが、日本では募金をお願いする人は近づいてお願いしてはいけないことになってます。
ま、日本で禁止されてんだから良いことではないんだろうね。

「アナタのお気持ちをお願イシマス。署名をシテクダサイ。」

と言ってペンまで握らせてきた。

「日本人、親切で有名。コレアゲル。」

と言って渡されたのは日本でも良く見るラッセンのイルカの絵。しかも2枚。
どうみてもただのカラーコピー。ゴミ箱直行決定です。
本当にありがとうございました。
何?ラッセンの絵って全世界共通で詐欺に使われてんの?

はいはいと思い、いつもの偽名をかきました。チーギーラっと。
まぁアメリカにもこういう詐欺があるって知れた勉強料だと思い募金額を書く欄に1ドルと書きました。

するとオッサンが急に不機嫌になり

「トム、最低10ドルから。」

何その基準。
お前の言ってる親切の国では「お気持ち」に最低ラインはつけないんだよ。

「いやだ。これ以上出さない。」

「Oh,トム・クルーズ、貧乏!

と言ってラッセンの絵をピッと一枚、僕の手から取り上げました。
…いい加減、腹が減ったのでランチを食べに行きたい。
それに、わざわざ8時間かけて飛行機に乗って詐欺にあいに来たわけではないのでその場を後にしました。

もちろん、造花とラッセンの絵は速攻ゴミ箱にダンク。

その後はおいしい料理と陽気な店員さんに癒されすっかりそのことは忘れておりました。
次の日、同じ道を通るとまたもやあのオッサンが。
ご機嫌なオッサンの表情を見ると最低ラインの10ドルをクリアしたのでしょう。
気の弱そうな日本人がノートに署名をしていましたとさ。

あっちゃー。…日本人、チョロいので有名。

対策

生まれて初めて詐欺にあってしまいました。
被害額は1ドル。
日本円に直すとそのときの相場で約91円という大金です。

さて、今回の詐欺は典型的なキャッチ募金でしたね。
最初から募金をお願いしないのは怪しさ爆発です。
この詐欺はワイキキのカウアイ通りで行われています。
ワイキキのホテルが立ち並ぶ一番広い通りです。
ハワイに行った際は注意してくださいね。

断っても「貧乏!」と言われるだけですので銃で撃たれるとかそういう心配はないです。
けっこうガチで心配してる人いるですけど撃たれませんから。
むこうだって往来で人を撃って騒ぎになったら募金を集められなくなっちゃいますからね。

海外に行くと日本人とわかるとやたら声をかけられるんですが
物を買わされたり今回のように実体の無い募金をさせられたりするケースが多いです。
日本人は親切で有名なんじゃなくて金持ちで有名ですから。

声をかけられても無視すること。これが一番です。
もし今回のようにつかまっても一人なら逃げればいいだけですが海外だとグループ行動が基本でしょう。
僕も今回そうでした。一人なら逃げてたさ。
グループでつかまってしまうと身動きが取れません。
最低の金額を払って退散するのも一つの手ですね。

「全員分です。」って1ドル出しましたから。


例:

「日本人、親切で有名」

「そりゃ詐欺師よりは親切だろうよ

キャッチセールス体験談に戻る