×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出会い系サクラ体験談

結婚したがる男

常々、「結婚して欲しいな♪ちゅ(^3^)-☆ 」
とか送ってくる人がいたんですよ。もうね写真はどうみてもオッサン。
プロフィールも45とか書いてある。
しかも45にして女性経験がないという神聖童帝。
魔法使いどころか妖精レベル。
いつFFの召喚獣になってもおかしくない。そんな人がいたわけですよ。


仕方ないからこっちも「私も…結婚したいです。。」とか送ってたんですよ。
んで!なんと待ち合わせをしてしまったんですね。静岡で。

予定的には21時に静岡駅で待ち合わせ

金が無いという理由でこっちに予約させたホテルのスイートへin(もちろん僕らは予約なんぞしてない)

ギシアン

次の日彼の家へ挨拶へ

結婚

そして伝説へ

って流れの予定でした。もうね向こうの彼は興奮冷めやらぬ状態でして

「会ったらいーーーっぱいHしようね愛してる(^3^)-☆ 」

とにかく「愛してる」を連発。早めに愛のために死んで欲しいですが、こちらもプロ。お客様に合わせます。

「私も愛してるー」

とか適当にもほどがあるメールを送り、忍者のごとく息をひそめ待ち合わせの時間を待ちます。

そして約束の21時。決戦は始まります。

「もう着いてるちゅー?(^3^)-☆ 」

頭の中に虫でも着いてるんじゃねえかと問い詰めたくなる奇怪な文章が舞い降ります。

彼・参上!言っておくが彼はか・な・りKI・MO・I
と参上した彼ですが、当然お相手の女性は見つかりません。

だって俺らは東京だからね。静岡いねーし。

僕らも「静岡駅ならわかりやすいですよねー」

とか言ってましたが、静岡とかお茶とサッカーが強いくらいしか知らねっつーの。

出会い系で出会ったのになかなか出会えない不憫な彼にこちらからメールを送ります。

「ごめんなさい、急な仕事が入っちゃって今日は行けないわ」

こんなメールを送られたらサクラだと気づいて切れるユーザーが大多数ですが彼はちがいます。
僕らの予想の斜め上をはるかに超えてくれる人でした。


「え!顔だけでも出せませんか?もう親戚みんな呼んじゃいましたよ!」

ちょwwおまwww何という早漏wwwwwww先走り汁全開wwwwwwww

OKOK、落ち着け。まだ人類が敗れたわけじゃない、事態を把握してクールに対処するんだ。

「結婚式はいつにしましょうか?式場とかも早めのほうがいいですよね??(^3^)-☆ 」







何か話がえらいことにwwwwwww


とりあえず「嬉しい…ジューンブライトがいいわ。」とか適当に返したけど、この人本当に式場とか取っちゃいそうだなあ。
モテナイ男が恋をしちゃうと大変なことになっちゃうというお話。
元気出せって!!僕らには2次元があるじゃないか!

対策?

あったことも無い人に惚れるのはやめましょう。
本体の無い恋愛は出会い系サイトに金を貢ぐ以外に、何も生み出しません。
何回も言いますが運営は客を絞れるだけ搾り取ろうというただの金ヅルとしてしか見てないです。
こんなサイトにいい女なんか居るはずはありません。
ちなみに職場の管理者は相変わらずスキンヘッドに刺青ですが、
売り上げが悪いという理由で社長にヤキ入れられてました

出会い系体験談に戻る