×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その他の体験談

痴女から電話が来た

現実は小説よりも奇なり

人との出会いってのは不思議なもんでして、会社、学校、バイト先、友達の友達など様々なところに出会いは転がっているものです。
以前バイトで塾の講師をやってましてね、そこで他の先生方と仲良くなれた。
それだけで心が温まります。

で僕とか他の大学4年の先生方が辞めるんでバイト先の塾で送別会があったんですよ。
いやー、正直行きたくなかった。だって友達いないんだもん。
友達いない上に、他の先生は卒業だけど俺だけ留年なんだもん
そんなんで飲み会行っても孤立して寂しい思いして3500円無駄にするようなもんじゃないですか。
でもね、「せっかく開いてやってんだから来いよ」っていう無言の圧力。何てこったいオリーブ。
なので、ホントにすげー仕方なく参加。権力には逆らえません。

「ああ、どうせ誰ともしゃべらずチビチビ飲み食いして帰るんだろうなあ」

とか思ってたら意外に話が盛り上がっちゃいましてね、いろんな話をしました。
その中でも盛り上がったのが『痴女から電話がかかってくるんだけど』
いや、書いてて自分でもおかしいってことは重々承知しております。
しかし本当に現実は小説よりも奇なりってのはウマイこと言ったもんでして、考えられないような不測の事態も起こるものなんです。
いやマジで、爆発してバラバラになったはずのセルが生きていたとか目じゃないくらい不測の事態。それが僕にとっては痴女からのラブコールなわけです。
最初ににかかってきたのが、友達とサイゼで飯食ってるときにかかってきたんですよ。
そして再びリバースですよ。
テイルズオブリバースですよ。君と生まれ変わるRPGですよ。
その時は前回の電話から間が開いてたんで、もうかかってこないかと思ってたんで正直、嬉しかった。

こんなこと言う自分もそうとうおかしいんですけど電話に出て
「寂しいのぉぉぉぉハァァハァハァァハァ」
とか言ってる痴女に
俺も寂しかったよ。」

とかナチュラルにキモイこと言ってましたからね。単純に電話が来なくて寂しかったんですけどね。
そしたら痴女が喜んじゃって、

嬉しいイイクゥゥゥゥ!!!!!!
嬉しすぎて早くも絶頂を迎えました^^
はえーよ。
さっき嬉しかったとか言っちゃったけど、ぶっちゃけもうめんどくさい。
いつもはここでめんどくさくなって電話を切ってしまうんですが、今日こそはコミュニケーションを取ろうと決意しました。
この痴女、いつもは何か質問してもすぐ「オッパイ気持ちいいぃぃ!」でごまかしますんですよ。
お前のオッパイ事情はわかったから俺の質問にも答えてもらいたい。
今日はとことん食いついていこう!
まずは住んでる地域を聞いてみましょう。

「今、どこにいるの?」

「おっぱいもんでるぅーハァハアハアハ」

「おっぱいもんでどこいるの?」

「神奈川ぁぁぁぁぁぁ」

神奈川━━━━(゜∀゜)━━━━!!!
やっと情報を得ました!みなさん痴女は神奈川にいます!!神奈川の女はみんな痴女!!!

「か、神奈川の!?」

「おっぱいいいぃぃぃ!!」






らちがあかん。

神奈川のおっぱいなんて数多すぎます。
神奈川の人口が8,848,166人、そのうち女が4,380,472人。乳首の数はなんとその倍というから驚き。
範囲広すぎ。…そう考えると、何か神奈川って乳首だらけだな

「だから、神奈川のどこ!?」

「はぁはぁ、横浜ぁぁぁぁ!!イイイイっ!」

横浜のどこにエクスタシーを感じてるか知りませんが横浜!!
痴女は横浜にいた!横浜の女はみんな痴女!!

「よ、横浜のどこらへんなの?」

「横浜の…うんっ!ハァハァオッパイいいいいい!!!」

横浜のオッパイって何だよ!!!!

もう、痴女が完全にあちら側へ行ってしまわれたようで何を言っても
「おっぱい」「アナル」などカオスな単語を含む文章しか返ってこなくなり、あちらのテンションは最高潮。
もう自分の指では我慢できなくなったようで





オンラインで入れてぇぇぇ!!!

とかわけのわからんことを言い出す始末。僕を笑い殺す気か。
今日はめんどくさがらないとか言ってたけど限界です。堂本剛より正直しんどい。
可及的速やかに戦線を離脱することにしました。
「ああ、俺もダメ。横浜イイ!ああ、神奈川でイクぅっ!ああああ!!!出りゅぅ!出ちゃうう!!横浜出ちゃううううう!!!!










ブルーライトらめぇぇぇぇwwwwww

プツッ、ツー、ツー。
最後は横浜っぽく会話終了、戦線離脱を確認した。
今回はかなり奴と意思疎通ができたと思います。なにせ横浜まで突き止めましたから。
次回は実際に会ってみたいと思います。かなり危険な臭いしますが。
奴とは、いろいろとありましたが僕は今でも元気に痴女が好きです。

ちなみにこの話、今までだれも信じてくれたことがありません。サミシス

対策

もはや悪徳商法でも何でもありませんね。ただの変態さんですね。
何で僕の周りには変な人が集まるのかわかりませんが、実話です。
あくまで「体験談サイト」だからね。

さて、こう言った変態さんに対する対策ですが、基本的にはやっぱりシカト。
しつこいようだったら警察へ行って、回線情報の開示を求めましょう。
って言っても警察は民事不介入が原則なので、あまり協力はしてくれないでしょう。
「回線情報を開示してもらってストーカーで逮捕してもらいます。」
と言えば普通はもうかかってこなくなります。

僕は、痴女と世間話をするくらいまでは仲良くなりましたが

その他の体験談に戻る