×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッチセールスの体験談

お兄さんマッサージイカガ?マッサージ

駅前でババアにからまれた。
キャッチとは若干違いますが、これは僕が出会い系のサクラをやってた頃のお話。
バイトが終わる時間が遅いせいもあってやたらと風俗の勧誘にあいました。
どうみても出稼ぎに来てるお姉ちゃんがたどたどしい日本語で僕に話しかけてきます。
まぁ綺麗なお姉ちゃんなんでね、僕も丁寧に対応しますよ。

「オニーサン、マッサージドウ?ヤスイヨ」

「いやーいいです。」

クソが

ちっちゃく、クソって言われた!
外人なら「ファック!」くらい言え。日本語ペラペラじゃねえか。
何かね、日に平均6人くらいには誘われます。毎回綺麗なおねえちゃんに声をかけられるのは悪い気はしません。

が、その日は少し事情が違いました。変なババアにからまれたからです
何つーかどう見てもおせじにも綺麗とは言えない、っていうかブス。グロ注意なおばあちゃんが僕の目の前に立ちはだかってるんですよね。
明らかに僕の進行方向をふさぐように立ちはだかっています。仁王立ちです。
お前は弁慶か


「ヨッテカナイ?」 オニーサン!








次の瞬間タックルとしか思えない体当たりをかまされ、拘束されました

「イイコイルヨ、ヤスイ」

とか言ってるのでとにかく僕は店には行かないことを伝えるのですが、離してくれません。
それどころか

「ワタシデモイイヨ?」
とかトチ狂ったことを言い出す始末。お前なんかに挿入したら腐ってもげるっちゅーねん!
ものすごい拒否しているんですが、全然伝わらないどころかババァは勝手にテンションが上がって話を勝手に進めてます。

「ワタシガイイノ?」
狂ってる!犯される!僕は身の危険を感じ逃げ出しました。

しかし まわりこまれてしまった!
ババア「私が相手だ!!

お前はラスボスかwwwwwww普通に日本語しゃべんなよババア。
また命からがら逃げ出したものの、ババアの恐怖はぬぐい切れません。
そのトラウマのせいか、いまだに風俗は行ったことがありません

対策

良い店紹介してください

キャッチセールス体験談に戻る